It Might As Well Be Spring

春の如く

春なのに、春じゃない歌です。「春の如く」という邦題もついているこの曲、ピアノ弾き語りでもバンドでもよく歌っていた曲。スローで歌っても良し。ボサノバで歌っても良し。さて、春と言えば、春一番!風が強かったり、ちょっと寒くなったり、暑くなったり(今日はTシャツ日和)天気がコロコロ変わる。ポカポカしてルンルンの日もあれば、雨ザーザーでブルーな日も多かったりします。そう、それを歌っている!歌詞の最後の方に出てくるの。「私、とても愉快なの、でもメランコリーブルー!」って。なんじゃそりゃ?って思うかもしれないけど、気持ちが不安定になってるってこと!だって恋してるから、まるで春みたい。春じゃないのに。

近所のお散歩で、春をキャッチ♪菜の花と大根の花と多摩川とムサコヒルズ。

この曲「It might as well be spring 春の如く」は、名コンビ、オスカーハマースタインIIと、リチャード・ロジャースによって作られた。
1945年の映画「ステートフェア」挿入歌。アカデミー歌曲賞を受賞。『ステートフェア』は、1933年の映画『あめりか祭』をテクニカラー撮影のミュージカル映画として再映画化したもの。ウォルター・ラングが監督、ジーン・クレインとダナ・アンドリュースが主演している。1962年にも更に再映画化された。素敵なポスター発見!「アメリカ最新の豪華天然色映画」なんか面白そうだから、DVD注文しちゃった。

♪鈴木輪 It Might As Well Be Spring(試聴)★アルバム(Blue Velvetより)

It Might As Well Be Spring

(lyrics : Oscar Hammerstein II  Music : Richard Rodgers)1945年

I’m as restless as a willow in a windstorm
I’m as jumpy as a puppet on a string
I’d say that I had spring fever
But I know it isn’t spring

I’m starry eyed and vaguely discontented
Like a nightingale without a song to sing
Oh, why should I have spring fever
When it isn’t even spring?

I keep wishing I were somewhere else
Walking down a strange new street
Hearing words I have never heard
From a man I’ve yet to meet

I’m as busy as a spider spinning daydreams
I’m as giddy as a baby on a swing
I haven’t seen a crocus or a rosebud
Or a robin on the wing
But I feel so gay in a melancholy way
That it might as well be spring
It might as well be spring

★鈴木の和訳は、あまり意訳せず、きれいな日本語で翻訳しようとしていません。英語でダイレクトに感じながら歌った方が良いと思う派なのでちょっと変な言い回しがあると思います。それに解釈が間違ってるかもしれません。あくまでも参考までになさってくださいね。

私、落ち着かないの。暴風で揺れる柳みたいに。
私、操り人形みたいに(気が動転して)ソワソワ
春の熱にかかちゃったかも、って思うの
まだ春じゃないって分かってるけど!
私、夢見る夢子!でも何だか分からないけど不満!
歌うことのないナイチンゲールみたいに。
ああ、何で春の熱にやられたの?
春じゃないのに。
どこかに行きたいなぁーって思い続けてる
奇妙な通りを歩いていると、聞いたことのない言葉が聞こえてくる、
会ったこともない男の人からね。(そんなどこかに行きたいなぁー。って思い続けてるの)
私、忙しいの。蜘蛛が空想を紡ぐぐらいね。
私、はしゃいで目がグルグル。ブランコに乗ってる赤ちゃんみたい。
クロッカスもバラのつぼみもまだ見えない
飛んでるコマドリも見てないの
だけど、私とても愉快なの。メランコリーブルーなんだけどね。
まるで春みたい。
そう、それは春かもしれない! (和訳 鈴木輪)

Listen on Apple Music

It Might As Well Be Spring/ Rin Suzuki

1945.年の映画ステートフェア↓

1962年の映画ステートフェア↓

Stacey Kent

♪鈴木輪 It Might As Well Be Spring(試聴)★アルバム(Blue Velvetより)

アルバムBlue VelvetのPV↓  鈴木輪 It might as well be springはブルーベルベット5曲目に収録 Bossa Nova で爽やかに歌っています♪

(佐津間純ギター/後藤輝夫サックス・コンガ/上田隆志ベース/土田晴信オルガン)アルバム絶賛発売中!詳細はこちらをご覧下さい! CDはご購入はこちら

Share:
copyright© Kamekichi Record &Kamekichi-Ongakudou, All rights reserved